食事の話

筋肉が増えても基礎代謝量はあまり変わらない

皆さんこんにちは。
岡崎市パーソナルトレーニングジム
Natural .Labo 岡崎 代表トレーナーの森田です。

本日のテーマは

筋肉が増えても基礎代謝量はあまり変わらない

です!

皆さんは、こんなことを聞いたことがありますでしょうか?

筋肉をつけることで基礎代謝が上がりリバウンドしにくくなる。
逆に筋肉をつけないとリバウンドする。

誰もが聞いたことがある知識だと思います。

これは本当にそうなのでしょうか??

実際に、
筋肉を付けることで確かに基礎代謝量は増えます。

ですが、本当にそれがリバウンドに影響してくるのでしょうか?

今日はこんな疑問を数字を使って分かりやすくご説明します!

基礎代謝とは

まず、これを理解する上で基礎代謝を理解しなければなりません。

基礎代謝とは、
一日で何もしなくても消費するカロリーのことです。

この基礎代謝のエネルギー量は
心臓や肝臓などの内臓を動かしたり、
筋肉を合成させたり、髪の毛を作ったりなど

生命を維持するために必要なエネルギーです。

筋肉量を増やすことでこの基礎代謝が増えるので
その分カロリーをとっても太らないということが言われています。

また、ダイエットをするときに
筋肉量が落ちてしまうとその分
基礎代謝が落ちてしまうのでリバウンドしやすいと言われています。

では、筋肉量を増やすことでどれくらいの基礎代謝が増えるのでしょうか?

偽の真実

これは大体で計算ができます。(よく紹介されている事例)

身体についている筋肉量のうち1日で1.8%は分解と合成を繰り返します。

また、その分解と合成をする筋肉は
1キログラムにつき541キロカロリー消費すると言われています。

例えば、
Aさん:筋肉量12キロ

12kg×1.8%=0.126kg

12キロの筋肉量がある場合、
0.126kgは分解と合成を繰り返します。

0.126×541kcal=116.856kcal

1日で0.126kg分解と合成を繰り返すと116.856kcal消費するというわけです。

比較してみます。

Bさん:筋肉量24キロ(Aさんの倍)

24kg×1.8%=0.432kg

24キロの筋肉量がある場合、
0.432kgは分解と合成を繰り返します。

0.432×541kcal=233.712kcal

1日で0.432kg分解と合成を繰り返すと233.712kcal消費するというわけです。

そうすると1日で
AさんとBさんとで116.856kcalも差が生じるというわけです。

1ヶ月経てば、3505.68kcal
1年で42652.44kcalの差が生じるのです。

7200kcal合計で消費すると体重が1キロ落ちると言われているので

AさんとBさんとでは、
何もしていなくても1年で
体重がやく6kgも差が出るというわけです。

だから筋肉量を増やしましょうと言われているのです。
また、ダイエットにおいて筋肉量を減らさないようにして
リバウンドを避けましょうとよく言われています。

ですが、この考え方には穴があるように思います。

AさんとBさんの筋肉量の差がありすぎるのです

Bさん(24キロ)がダイエットをして筋肉量が落ちてしまっても
Aさん(12キロ)まで落ちるとは考えられにくいのです。

せいぜい落ちすぎても4〜5キロ程度です。

例えば、
24キロ筋肉量がある人が多くて4キロ筋肉量が落ちた場合

24キロと20キロで1日で生じる基礎代謝量の差は

たったの
38.952kcalなんです。

チロルチョコ1つも食べられないのです。

ボディビルダーは1年かけて1キロ筋肉量を増やすと言われています。

1日チロルチョコ1つ以下を稼ぐために
1年もかかるというわけなんです。

なので、基礎代謝量を増やすことを目的に筋トレを始めるのは
あまりにも効率が良くないということが言えると思います。

下半身のトレーニングをすると基礎代謝量が上がる!?

よく、全体の7割の筋肉が下半身についているから下半身のトレーニングをすると筋肉量が増えやすく基礎代謝量が上がると聞きます。

先ほどの話からすると、
それは嘘では有りませんが、少し極端な表現なのかなと思います。

下半身のトレーニングをしても筋肉はそんな簡単についていきません。

ですが、下半身のトレーニングは
上半身も使うため活動量が高いのです。

だから、ダイエットをする人は下半身のトレーニングをした方がいいのです!

ここの認識を勘違いしてしまうと、
下半身のトレーニングをしているのに筋肉量がなかなか増えずに
モチベーションが保てなくなってしまうのです。

むしろダイエットをすることで筋肉量は落ちて
ショックを受けてしまうのです。

ダイエットにおいてトレーニングは必要なのか

ダイエットにおいてトレーニングはなくても大丈夫だと思います。

筋肉量を増やして、リバウンドしにくい身体を作ることも
多少は必要ですが、リバウンドするほとんどの原因は食事です。

ただ、活動量を上げてダイエットを促進させるためになら有効だと思います!

少し見る方向を変えて、
見た目を考えた場合

トレーニングは必須項目になってきます。

トレーニングをすることで、
筋肉を大きくし、痩せたときのフォルムがカッコよくなるのです。

ここで得られる見た目は、
トレーニングでしか得られないものなのです。

なのでトレーニングはダイエット目的にするのではなく
いい見た目を作るためにトレーニングをする必要があるのです。

まとめ

筋肉をつけることで基礎代謝をあげやせようとする考え方は、
もう古いです。

この考え方が理解できると
どのタイミングにどんなトレーニング、どこの筋肉を使うトレーニングをしないといけないかなどが人によって判断できるようになります!

しっかりと正しい目的を持ってトレーニングをしていくようにしましょう!

僕のパーソナルでは、先ほどと少し矛盾していますが、
トレーニングをすることで痩せやすい身体を作ることができます!

それも少しずつ発信していこうと思いますので
毎回チェックしていただけると嬉しいです!

以上

読んでくれた方の少しでもお役に立てたら幸いです。

岡崎市 パーソナルトレーニングジム
Natural.Labo 岡崎 代表トレーナーの森田でした。

無料カウンセリング・体験も随時実施しています。
また、現在キャンペーンも実施しているので是非お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です