食事の話

GABAで元気になろう

GABA

皆さんこんにちは。
岡崎市パーソナルトレーニングジム
Natural .Labo 岡崎 トレーナーの伊藤です。

本日のテーマは

GABAで元気になろう

です!

ついこの前、年が明けた気がしてましてが早いものでもう3月です。 
暖かい日もあれば雪がちらつくほど寒い日もありますね。

1日の温度の変化も朝晩と日中で15度以上ある日もあります。
また、花粉も飛び始めていますし、とにかく体調を崩されている方多いです。

今日は日々の体調管理にもとってもおすすめしたい栄養素

GABA

をご紹介したいと思います。

GABAとは

GABAを聞いたことはありますか?
最近スーパーやコンビニでGABA入りって書いてある食べ物をよく見かけることがあります。

GABAとは、
y-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略してGABA(ギャバ)といいます。

1950年に哺乳類の脳から発見されたタンパク質を構成しないアミノ酸で、体内ではグルタミン酸から合成され私たち動物や食物の中に存在します。

近年の健康ブームで特に注目されて、スーパーやコンビニにもGABAと書かれた食べ物が並んでいますね。

GABAの効果

さまざまな食品にはいっているGABAですが、厚生労働省の特定保険用食品にも指定されています。

では、どんな効果があるんでしょうか?

GABAには脳内の抑制性神経伝達物質として働き、
不安や興奮を和らげる精神安定作用があります。

ストレス社会の現代では、
『うつ病』をはじめ心の病を抱えている方が増えています。

厚生労働省もがん、脳卒中、心臓病、糖尿病、精神疾患
を五大疾病としています。

最近では、食べ物と『うつ病』の関係も重要視され
GABAを摂取すると脳はリラックスするという研究結果が出ています。

GABAの1日に必要とされる量は0、02gと言われています。

GABAは本来脳内でつくられている物質で
体内で十分な量が作られていますが

ストレスによりGABAが不足すると
興奮性神経伝達物質ドーパミンが過剰に分泌されてしまいます。

また睡眠の質も改善されます。

夜眠れない方にもおすすめなんですね。

GABAはいつ食べたらいいの?

ストレスに効くGABAですが、いつどんな時に摂取したれ良いのでしょうか?

GABAはストレスを感じた時に摂取することをお勧めします。

そうすることで、
夜の睡眠の質を改善してくれます!

朝に摂取するより
12時から寝る30分前くらいがおすすめです!

そのためお昼ご飯や夜ご飯に一緒に食べられるといいですね!

GABAの入ったおすすめ食材(100gあたり)

玄米1mg
ミニトマト35mg
ジャガイモ28mg
なす32mg

GABAおすすめの食品

まとめ

ストレスの多い現代において
GABAは脳をリラックスさせ睡眠の質を改善する効果があります。

ストレスはダイエットにおいてもとても厄介な存在です。

GABAは夜寝る30分前までに取りましょう。

毎日GABAを摂取してストレスのない生活を送れるようにしていきましょう!

以上です。

読んでくれた方の少しでもお役に立てたら幸いです。

岡崎市 パーソナルトレーニングジム
Natural.Labo 岡崎 トレーナーの伊藤でした。

無料カウンセリング・体験も随時実施しています。
また、現在キャンペーンも実施しているので是非お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です