食事の話

食べないダイエットは危険!

食べないダイエットは危険!
食べないダイエットは危険!

皆さんこんにちは。
岡崎市パーソナルトレーニングジム
Natural .Labo 岡崎 代表トレーナーの森田です。

本日のテーマは、

食べないダイエットは危険!

です。

皆さんはダイエットを始めるとどんなことから始めますか?

多くの人がダイエットを始めようとすると
極端にご飯の食べる量を減らしてしまいます。

ですが、実はこのダイエットの仕方とても危険なんです。

もしそのダイエットを始めようとしていたり
もうすでに始めてしまっていたらこのブログを読んで
ぜひやり方を考え直してみてください!

食べないダイエットは痩せるのか?

食べないダイエットは危険!

○○だけダイエットなど○○制限ダイエットなど
食べないダイエットをしたことがある人はわかると思いますが、

結論を言うと

食べないダイエットをすると、痩せます。

と言うより体重は落ちます。
と言ったほうが正確でしょうか。

このダイエット
体重は落ちるのですが、

実はただ身体の水分や筋肉が落ちて体重が落ちているだけで
脂肪はほとんど落ちていないんです。

なので、身体は引き締まっていくと言うより
不健康そうな身体になっていってしまいます。

ダイエットをする目的は、

おそらく体重を減らすことが目的ではなく
見た目の良い身体を作ることが目的だと思います。

そのためには、
痩せ細らないように脂肪だけ落としていかなければなりません。

そのためには、しっかりとご飯を食べないといけないのです。

しかし、ダイエットをしているのに
ご飯を食べるのは太ってしまいそうで勇気が入りますよね?

そう言っている根拠がわかるように
なぜ食べないといけないのかを詳しくお伝えします。

食べないことでどうなるの?

食べる量を決める上でとても大切な数値があります。
それは、

基礎代謝

です。

体重計に乗った時に出てくる数値が
この基礎代謝というものです。

基礎代謝とは、
一日何もしていなくても消費するカロリーのことです。

言い方を変えると

基礎代謝とは、
生命を維持するのに必ず必要なカロリーのことです。

例えば基礎代謝が1500キロカロリーあるとすると
生きるために必要なカロリーなので
1500キロカロリーは寝ていても食べる必要があるということです。

ですが、食べないダイエットをして
1日1000キロカロリーしか摂らないと
生命を維持するための残り500キロカロリーが足りなくなってしまいます。

そうすると身体はどんな反応を起こすかというと
1000キロカロリーで生命を維持できるように基礎代謝を調整します。

もっとわかりやすくいうと
普段体温を保ったり心臓を動かしたり、髪の毛を作ったりなど、
人間が必ずしないといけないことを省エネモードにして
1000キロカロリーで足りるようにしてしまうんです。

なので、髪の毛がパサパサになったり

皮膚がボロボロになってしまいます。

そして、1000キロカロリーで足りるように身体が順応すると
体重が全く落ちなくなります。

すると、体重が落ちないことに焦って
もっと食べる量を減らしてしまいます。

そしたらもっと省エネにして、、、、

と無限ループです。

するともうこれ以上できないと思った方は
今までの食べる量に戻します。

ですが、今の基礎代謝は
省エネモードで1500もないので、

以前と同じ量を食べてもリバウンドして
以前より太ってしまうというわけです。

こんなに辛いことをして
髪がパサパサになり
皮膚がボロボロになり
結局、リバウンドして以前より太ってしまう。

本末転倒ですよね、、、

だから

食べないダイエットは危険!

なんです。なので、
まずはご自身の基礎代謝を計測して
最低でも基礎代謝よりはカロリーをとるようにしましょう!

どのくらい食べて良いの?

食べないダイエットは危険!

もう一つダイエットを考える上できにしないといけない数値があります。

それは

消費カロリー

です。

消費カロリーとは
1日に消費するカロリーの合計です。

消費カロリーはこのサイトから簡単に計算ができます!

消費カロリー計算サイト

1日に消費するカロリーの合計なので、
この消費カロリーよりもカロリーを多く取れば太るということです。

消費カロリーが2000キロカロリーの人の場合、
2500キロカロリー食べれば余った500キロカロリー分太ると言った感じです。

逆に1800キロカロリーしか取らなければ
200キロカロリー分痩せるということです。

小まとめ

ダイエットをする上で大切な食べる量というのは

基礎代謝よりもご飯を食べ
消費カロリーよりもご飯の食べる量を減らす

基礎代謝量<摂取カロリー<消費カロリー

ということです。

食べる量をもっと増やすためには

消費カロリーには
大きく分けて3つあります。

1つ目は先ほどからお話ししている
基礎代謝

2つ目は
食事誘発性熱産生です。

食事誘発性熱産生とは、
食事によって消費されるカロリーのことです。
食事をした後に身体がポカポカ暖かくなりますが、
その時にエネルギーを消費しているのです。

3つ目は
生活代謝です。

生活代謝とは
1日の生活の中で消費するカロリーのことです。

家事や通勤、筋トレによる消費カロリーのことです。

この3つの中で
消費カロリーを最もあげやすいのは

3つ目の
生活代謝です。

そのためにトレーニングや日常で動くことが必要というわけです。

また、トレーニングをすることで筋肉量が増えれば
基礎代謝が上がっていくので一石二鳥です!

まとめ

先ほどお話ししたことから
食べないダイエットは結局失敗し良いことがほぼないので

まずは自分の基礎代謝と消費カロリーを理解して
しっかりと食べても痩せるダイエットができるようにしていきましょう!

また、ダイエットを加速させるためにトレーニングをしっかりとしていきましょう!

以上です。

読んでくれた方の少しでもお役に立てたら幸いです。

岡崎市 パーソナルトレーニングジム
Natural.Labo 岡崎 代表トレーナーの森田でした。

無料カウンセリング・体験も随時実施しています。
また、現在キャンペーンも実施しているので是非お気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です